バリアントがボシュロムを買収 世界最大の眼科薬メーカーが誕生か?

今朝のYahoo Finance!(英語版)のトップに”ボシュロム(Bausch + Lomb Holdings Inc.)がValeant Pharmaceuticalsという会社に買収される”という記事が出ていた。

ボシュロムはコンタクトレンズ、保存液や眼下用医薬品の世界的大手メーカーだが、Valeant Pharmaceuticalsとは耳慣れない会社だ。そもそもどう発音するのだろう?

日本語記事を検索すると「カナダの製薬メーカーバリアント」という速報がいくつかヒットした。Valeant PharmaceuticalsのサイトのIRコーナーには5月27日付で詳細なニュースリリースが掲載されていた。現在の従業員数は7500人、2012年売上は3550億円、2013年は売上予想1兆680億円と書かれている。買収の対価は”8.7billion by cash”すなわち1ドル100円で換算して8700億円だ。

この買収によりバリアントは3500億円を超える売上と、EBITDAベースで720億円の利益を手に入れるという。さらに買収によるコスト削減(合理化効果!)は800億円以上とのことなので、6年で元が取れる計算になる。

それにしても名も無い(といっては失礼かも知れないが日本人の大半は聞いたことも無い)バリアントなる会社が、Novartis、Allergan、Johnson & Johnsonなどの世界的ブランドを超えて、眼科領域で世界一になろうという勢いであり驚くばかりだ。

会社の由来を調べたところICN Pharmaceuticalsを母体としたバリアントとBiovali(母体はTrimelというDDSの会社)が2010年に合併し、その後矢継ぎ早に医薬メーカーを次々と買収して規模を急拡大した。2011年と2012年の2年間の医薬メーカー、医薬製剤ブランド、他社医薬品の販売権獲得の合計件数は30件を超える。すさまじいスピードだ。

善し悪しは別にして、日本の医薬メーカーとはあまりにも違う感覚で経営されているが、売上1兆円を超える医薬メーカーが財テクでも作れる、ということになるVRX

バリアントの株価(NYSE: VRX)の週足は上記の通りだが、ニュースリリースされた5月27日に13%上昇している。

科研製薬がバリアントに導出した爪真菌症治療薬(外用)の米国での治験結果が近々発表されるとのニュースも報じられているようだが、ボシュロム買収のニュースと直接結びつきそうにないだけに、5月28日の東証では反応薄である。

 

NTT 050plus (続報)

NTT 050plusの050 IP電話サービスに申し込んだが、Windows8未対応であることが判明したことについては、前回までの記事を参照お願いします。
当初説明したように、私が欲しかったのは受付の秘書がわりの留守番電話であり、PCでIP電話できることは二次的な問題なので、Windows7の入った古いPCにNTT 050plusのソフトウェアをインストールしてみました。問題なく起動し、IP電話アカウントの初期設定をすることができました。
「オプション」メニューで留守番電話の設定ができます。PCでNTT 050plusを起動していない時に着信があれば、その都度、報告メールが来るように設定しました。また、留守電メッセージが録音された場合は、報告メールにwavファイルの形で添付されます。従って、仕事中に050に留守伝があれば、即刻メールが届き、メッセージを聞けることになるのです。
これは私のようにシェアオフィスを借りてIT系で起業している場合には電話受付サービス(私のところの場合は月々2,840円)を節約することができ、コストパフォーマンスが良好です。実際の仕事は携帯+メールで執り行われるので何ら不便を感じません。
結局、NTT 050plusは、当初の予定通りの目的で使用できたわけです。
ヒトに勧められる商品か?
私のように特殊な事情にハマる場合にはお勧めです。但し、私のエピソードが如実に示しているように、売り手の方は「NTTさま」として我々を相手にしてくるので、機種とOSが適合することを確認した上で、ある程度リスクをとって申し込む覚悟が必要と思います。
ソフトウェアはWindowsの画面の解像度(DPI)がNTT指定通りの場合のみ、正常に(文字が重なったり枠外に出て見えなかったりせずに)表示されたり、インターフェイスは、一昔前のWindows98時台のようなもので、最近の一般的なフリーソフトなどの洗練された外観とは比較になりません。スマホの画面がそのまま貼り付けられているような、デザインも機能もオモチャレベルのインターフェイスでした。管理画面はWindowsのAPIを使ったものですが、携帯電話番号の記入欄に070のウィルコムの番号(NTT 050plusの申込時にインプットした番号)を入れると、080、090以外の番号は記入できない、とのエラーメッセージが出たり、、、とにかく「プロ」から「商品」を買った場合に得られるべき満足度はゼロ以下でした。
結論:留守電受付専用におすすめします。

NTT 050plus(その3)

NTT 050plusの050 IP電話サービスに申し込んだところ、Windows8未対応であることが判明した経緯については、前回までの記事をご参照ください。

当初説明したように、私が欲しかったのは受付の秘書がわりの留守番電話であり、PCでIP電話できることは二次的な問題だったので、自宅のWindows7の入った古いサブPCにNTT 050plusのソフトウェアをインストールしてみました。

問題なく起動し、IP電話アカウントの初期設定をすることができました。 「オプション」メニューで留守番電話の設定をしました。PCでNTT 050plusを起動していない時に着信があれば、その都度、メインのメールアカウントに報告メールが来るように設定しました。また、

留守電メッセージが録音された場合は、報告メールにwavファイルの形で添付されます。従って、仕事中に050に留守伝があれば、即刻メールが届き、メッセージを聞けることになるのです。

これは私のようにシェアオフィスを借りてIT系で起業している場合には電話受付サービス(私のところの場合は月々2,840円)を節約することができ、コストパフォーマンスが良好です。実際の仕事は携帯+メールで執り行われるので何ら不便を感じません。 結局、NTT 050plusは、当初の予定通りの目的で使用できたわけです。

ヒトに勧められる商品か? 私のように特殊な事情にハマる場合にはお勧めです。

但し、私のエピソードが如実に示しているように、売り手の方はNTTワールドに鎮座したままなので、機種とOSが適合することを確認した上で、最悪の場合はトラブル覚悟で申し込む覚悟が必要と思います。

ソフトウェアはWindowsの画面の解像度(DPI)がNTT指定通りの場合のみ、正常に(文字が重なったり枠外に出て見えなかったりせずに)表示されます。

GUIは、一昔前のWindows98時代のような感じで、最近の一般的なフリーソフトなどの洗練された外観とは比較になりません。スマホの画面がそのまま貼り付けられているような、デザインも機能も実験機のようなインターフェイスでした。

管理画面はWindowsのAPIを使ったものですが、携帯電話番号の記入欄に070のウィルコムの番号(NTT 050plusの申込時にインプットした番号)を入れると、080、090以外の番号は記入できない、とのエラーメッセージが出たり、、、

とにかく「プロ」から「商品」を買った場合に得られるべき満足度はありませんでした

結論: 留守電受付050電話としておすすめします。

歴史的な暴落

もうすぐ来ることは分かっていたが、それはあまりにも劇的にやってきた。

N225-20130523

日経に米国の主要なヘッジファンドが日本株をすでに手じまったという記事が出て1、2日後。昨夜の米国ダウが150ドル高以上で始まり、マイナスで引けたというのも、今朝一番のニュースとして意外な驚きだった。いくら指標が危険域を示唆していても、これほど強いトレンドから降りるとその時点でお終いなので、降りるわけにはいかずに今日まで来た。

危険が近づいている雰囲気がどんどん高まって迎えた今朝だったが、東京市場が予想外に非常に強く始まったので、「もう少しいこう」ということで、手じまわなかった。

しかし、やはりそれは起きた。11時台に入ってドドンと来た。私は早めのランチに席を立っていたのでそれを知らなかったが、正午に席に戻って知った。

最近の相場ではこんなやばい雰囲気でも後場に急上昇することがあったので、売りは出さずに後場の様子を見ていた。やはり、これは駄目だと感じて10分後から持ち株を売りにかかった。買いの板が薄いので成行売りはできず、指値を控えめに出してなんとか手じまった。8千万円強あったメインのスウィングトレード口座のキャッシュポジションを98%に高めた。完全にリスクオフ。売りにかかった時点での日経225はまだマイナス300円台だったが、手じまい完了時点ではマイナス500前後まで落ちていた。

そこから空売りを仕掛けるのもリスキーなので、少額で様子を見ようと、パナソニックを1000株だけ空売りで遊び始めたが、そこで仕事の用が入り、三時過ぎまでほったらかしにしていた。なんと、日経225はマイナス1,143.28円で引けていた!私の口座は昨日比150万円。軽傷だったとしておこう。

明日はどうなるんだろうか?今日は大暴落といっても、売り抜けた投資家にとっては利益確定売りであり、悲壮感の無い大暴落である。ただ、ここ数日間に信用買いを仕掛けた投資家を代表として、大商いが続いただけにシコリ玉が大きすぎ、ここはドスンと下がらない限り戻らないだろう。

今晩のNY市場を見てから決断すべきことだが、明日は成行売りから入るのが妥当と思う。ただ、怖いので大きなポジションは取らないでおこう。

NTT 050plus



「050 plus」はスマートフォンからおトクに話せるIP電話アプリ。
アプリ同士はもちろん、050で始まる提携プロバイダのIP電話とも
無料通話が可能です。
さらに固定電話や他社携帯電話への通話料も、通常の電話料に
比べておトクに通話できます。

と書いて広告宣伝されています。しかし、LineやSkypeと異なり、月々315円とはいえ有料です。050の電話番号は全部無料かというと「050で始まる提携プロバイダのIP電話とも無料通話が可能です。」と、奥歯にものの挟まったような言い方。要するに「提携プロバイダ」以外の050は有料なわけです。電話しようとする先が提携プロバイダを使っているかどうか確認しない限りは「無料通話」になるかどうかわからない。要するに「無料通話」のキーワードから考える限り、このサービスはLineやSkypeに遙かに及ばないと言えます。

しかし、私は050plusを申し込むことにしました。何故か?それは「電話番の秘書」として使えそうだからです。仕事は99%携帯電話を使っており、固定電話には名刺やHPに書かれた受付電話番号を見てかかってくる電話か飛び込みの電話がかかってきます。050plusを使っていると、そのような受信を留守電で受けて、即刻伝言をメールで自分に送るよう設定できるのです。しかも伝言をwavファイルで聞けるので、自分が世界中どこにいても、電話があったことと伝言内容が即刻わかるわけです。

後日、実際の使用レポートをアップロードしたいと思います。


(続報)

NTTのサイトでNTT 050plusを申し込みました。月々315円(無料通話以外の通話料は別)、登録月と翌月は無料キャンペーン中でした。

申し込み方法はそのサイトで詳しくステップバイステップの説明があり、説明通りに進めました。 携帯電話番号を登録し、その電話あてに確認コールがあり、登録完了となります。

早速Windows版のソフトウェアをダウンロードしてインストール、「初期設定」のボタンを押したところ、数秒でエラーメッセージ「端末搭載OSでエラーが発生しました」と表示されてそれ以上先に進めなくなりました。

そんなはずはない、とアンインストール、再インストールし、Windowsも再起動して、再度「初期設定」のボタンを押しましたが、同じエラーメッセージ。念のため「管理者として実行」しましたが同じ状況でした。

NTTのサイトの「お問い合わせ」欄に詳しい症状をメールで送って問い合わせたところ、数時間後に以下の返信がありました。

——–

お問い合わせの件につきまして、回答いたします。

ご申告のメッセージにつきましては、050 plusの対応OS以外をご利用のために表示したと考えられます。

050 plusでは、一定の品質が確認できた端末・OSを対応機種としており、恐れ入りますが、「Windws 8」につきましては、現時点では、非対応機種となっております。

今後の対応予定は未定でございますが、対応機種とされた場合は、順次、下記のホームページ等にてご案内いたしますので、ご確認いただけますと幸いに存じます。

■対応機種一覧 http://faq.050plus.com/app/answers/info_list

——-

ご申告のメッセージは050plusの対応OS以外を使用したための問題である」との言い草! あくまで主役はNTT、それが対応していないOSを使うから使用できないのだ、という回答です。

その昔ダントツだったドコモが、じり貧の三番手に落ちぶれた理由(マーケティングの基本中の基本が欠如)の説明としては非常に説得力のある返信でしたが、主流OSに未対応であることを知らずに050plusに申し込んでしまった私にとっては何の役にも立ちませんでした。 商道徳上も、主流OSのひとつに未対応で対応予定も未定というような、使用上の重大な制限事項があるなら、申し込み手順にOSの確認を分かりやすく含めるべきと思います。

記事の冒頭で持ち上げ、続報の部分で急落、というしまらない話でした、、、

NTT 050plus(その2)

NTTのサイトでNTT 050plusを申し込みました。月々315円(無料通話以外の通話料は別)、登録月と翌月は無料キャンペーン中でした。申し込み方法はそのサイトで詳しくステップバイステップの説明があり、説明通りに進めました。

携帯電話番号を登録し、その電話あてに確認コールがあり、登録完了となります。早速Windows版のソフトウェアをダウンロードしてインストール、「初期設定」のボタンを押したところ、数秒でエラーメッセージ「端末搭載OSでエラーが発生しました」と表示されてそれ以上先に進めなくなりました。そんなはずはない、とアンインストール、再インストールし、Windowsも再起動して、再度「初期設定」のボタンを押しましたが、同じエラーメッセージ。念のため「管理者として実行」しましたが同じ状況でした。

NTTのサイトの「お問い合わせ」欄に詳しい症状をメールで送って問い合わせたところ、数時間後に以下の返信がありました。

お問い合わせの件につきまして、回答いたします。

ご申告のメッセージにつきましては、050 plusの対応OS以外を
ご利用のために表示したと考えられます。

050 plusでは、一定の品質が確認できた端末・OSを対応機種としており、
恐れ入りますが、「Windws 8」につきましては、現時点では、非対応機種と
なっております。

今後の対応予定は未定でございますが、対応機種とされた場合は、
順次、下記のホームページ等にてご案内いたしますので、
ご確認いただけますと幸いに存じます。

■対応機種一覧
http://faq.050plus.com/app/answers/info_list

「ご申告のメッセージは050plusの対応OS以外を使用したための問題である」との言い草! あくまで主役はNTT、それが対応していないOSを使うから使用できないのだ、という回答です。その昔ダントツだったドコモが、じり貧の三番手に落ちぶれた理由(マーケティングの基本中の基本が欠如)の説明としては非常に説得力のある返信でしたが、主流OSに未対応であることを知らずに050plusに申し込んでしまった私にとっては何の役にも立ちませんでした。

商道徳上も、主流OSのひとつに未対応で対応予定も未定というような、使用上の重大な制限事項があるなら、申し込み手順にOSの確認を分かりやすく含めるべきと思います。

NTT 050plus




「050 plus」はスマートフォンからおトクに話せるIP電話アプリ。
アプリ同士はもちろん、050で始まる提携プロバイダのIP電話とも
無料通話が可能です。
さらに固定電話や他社携帯電話への通話料も、通常の電話料に
比べておトクに通話できます。

と書いて広告宣伝されています。しかし、LineやSkypeと異なり、月々315円とはいえ有料です。050の電話番号は全部無料かというと「050で始まる提携プロバイダのIP電話とも無料通話が可能です。」と、奥歯にものの挟まったような言い方。要するに「提携プロバイダ」以外の050は有料なわけです。電話しようとする先が提携プロバイダを使っているかどうか確認しない限りは「無料通話」になるかどうかわからない。要するに「無料通話」のキーワードから考える限り、このサービスはLineやSkypeに遙かに及ばないと言えます。

しかし、私は050plusを申し込むことにしました。何故か?それは「電話番の秘書」として使えそうだからです。仕事は99%携帯電話を使っており、固定電話には名刺やHPに書かれた受付電話番号を見てかかってくる電話か飛び込みの電話がかかってきます。050plusを使っていると、そのような受信を留守電で受けて、即刻伝言をメールで自分に送るよう設定できるのです。しかも伝言をwavファイルで聞けるので、自分が世界中どこにいても、電話があったことと伝言内容が即刻わかるわけです。

後日、実際の使用レポートをアップロードしたいと思います。