GooglGoogleがChromecastを発表

Googleから新製品Chromecastについて衝撃の発表があった。

昨夜米国で起きたこの重大事件を今朝出社してYahoo Finance(英語版)で見て、これは大ニュースだ!と思った。日本語の記事は昼頃に出るだろうか?と思ったが、念のために日本語でネット検索すると、10個以上の記事がすでに日本語で投稿されていた。49分前とか、30分前とかの投稿だ。朝早く仕事して書いた人、ご苦労様!

わずか35ドルという衝撃の価格だから、誰でも買える。
既にネットで読めた和文・英文の記事を見る限り、ポイントとしては以下のような感じだ。

①テレビのHDMI端子に差し込んで使うのでHDMI端子の無い古いテレビでは使えない。
②Chromecast自体には入力デバイスが付いておらず、スマホやPCなどを使って操作することになる。
➂スマホやPCから画像信号を送り込むのではなく、Chromecastを差し込むテレビ自体が何らかの方法でインターネットに接続されている必要がある。

Chromecastはとりあえず単体で7月28日から買えるようになるが、今後Chromecast機能を内蔵した機器がどんどん開発・発売されることは間違いない。これまではテレビでYoutubeを見れるには見れたがパソコンならスイスイ見れるのを、なんでわざわざゴリゴリとテレビで見るの?という感じだった。Chromecastが広まれば、テレビとネット上のコンテンツの距離が、パソコンと同様に近接したものとなる。

全世界のIT関連企業を活性化し、世界中でライフスタイルに変化をもたらす可能性を秘めた、でかい35ドルマシンだ。

一週間の歩行記録

歩数計によると7月1日からの一週間の歩行記録は以下の通りでした。

  • July 1 – 20259歩歩  – 14.99km (出張)
  • July 2 – 23490歩  – 17.38km
  • July 3 – 23162歩  – 17.13km
  • July 4 – 24810歩  –  18.35km
  • July 5 – 24442歩  – 18.08km
  • July 6 –  3232歩   – 2.39km (温泉へドライブ)
  • July 7 – 46866歩  – 34.68km (登山)

7月6日は夫婦で新潟県の銀山平に温泉を楽しみに行きました。東京から4時間半のドライブでした。歩数計によると一日の歩行はわずか3,232歩でした。山中でリラックスできましたが、ドライブすると全く運動になりません!

7日は百名山の一つである平ヶ岳に登りました。標準コースレートでは登り6時間半、下り4時間半ですが、正式にテントを張ってよい場所も山小屋もf無いので、日の長い夏季に日帰り登山しなければならない山です。午前5時に登山開始して、下山したのは午後5時20分でした。登山コースの累積標高は1,639mであり、日帰り登山としては最も体力を使う部類の山です。登山の翌日は疲れ果てて何もできませんでした。

平地を歩くための筋肉は登山に必要な筋肉とは異なるようです。私の妻は生まれつきのスポーツウーマンで登山にも適した筋力を持っており、登山ではいつも妻の後をかろうじてついていきます。毎日3時間の徒歩通勤を3か月して、見違えるように登れるようになったのでは、と期待していましたが、見るべき改善はありませんでした。登山のためには別のメニューの運動が必要なのでしょうか。

Google Mapでウォーキングプラン

まずGoogle Mapで自宅からオフィスまでの徒歩ルートを検索しました。最短ルートで7.9㎞、1時間39分表示されました。最短ルートは国道14号線を船橋から千葉方面に進むルートであり、直線に近いルートです。しかし、交通量の極めて多い国道14号線を1時間も歩くと排気ガスで病気になってしまいそうです。第二選択肢のルートは8.1㎞、1時間40分で、湾岸線沿いのルートでした。地図には出てこないのですが、湾岸線に沿って、広い緑地帯が続いています。いくつかの公園に分かれており、公園の中を突っ切ることができないか、とGoogle Mapを拡大して、ルートをドラッグしたりして格闘しました。その結果、発見したのが「谷津・秋津・香住・公園縦貫道」(命名者=私)です。

自宅からオフィスまで、最初の数百メートル以外は、できる限り車の通らない地域を歩き、住宅街を通って谷津バラ園の横から谷津干潟の周回歩道に入り、谷津干潟公園~秋津公園~海浜幕張緑地と、公園を突っ切り、緑地からスカイウォークで幕張テクノガーデンに入るルートで、約8.5kmです。少し分かりにくい岐路もあり最初の数日は少し迷った入りして片道1時間40分から2時間ほどかかりましたが、今はベストルートを確立し、ちょうど1時間30分で歩けるようになりました。信号待ちや階段を含めて5.7km/hourであり、直線路はほぼ6km/hourで歩いているようです。


一日何歩歩くか、それが重要

ある日歩数計に関する記事を読んでいて価格コムで人気No.1表示されていたタニタのAM-120に興味を持ち、ひとつ買いました。歩数とカロリーが7日間記録されます。(12週分の週間データも記録されますが、そちらの機能は使ったことがありません。)毎夜零時に自動的にリセットされるので、特に何も操作しなくても、その日のデータが見るだけで分かります。ポケットに入れていても、バッグに入れていても、あるいはベルトにつけていても非常に正確な歩数を測ってくれました。歩行以外の体の動きを捕捉しないようになっているようでした。
http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&nou=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=indir-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B00217TRFO

歩数計を買ったのは1月でした。そのころ東京の会社に通勤していましたが、自宅からJRの駅まで1,000歩、途中の乗り換えやら会社まで歩くのに1,250歩、また会社でいる間の歩数が1,000歩で、合計1日当たりの歩数は6,000歩程度でした。毎日1万歩あるくと健康になるというのを何かで読み、昼休みに会社の周囲(川沿いの遊歩道がある)を歩くようにしました。そういうわけで、定年退職した頃には毎日1万歩歩くようになっていました。

ニューヨークとか主要なヨーロッパの都市と違って東京の1,2月の寒さはしれています。1,2月でも昼休みに歩くのは非常に気持ちが良いものです。1日に1万歩⁽以前と比べて+4千歩)歩くことで体脂肪が減りました。腹囲が2㎝程減り、近年履けなくなっていたズボンが履けるようになりました。でも体重は1㎏程度しか減っていませんでした。体脂肪が減る分が筋肉に行っているのだと思いました。

徒歩通勤毎日3時間のFacebookページを立ち上げたきっかけ

3月末に東京にある会社を定年退職して4月に自分の小さな会社を立ち上げました。自宅は船橋市ですが幕張メッセの近くの幕張テクノガーデンにあるオフィスに通っています。片道8.5kmなので歩けない距離でもなく疲れたら夕方はJRで帰ろうと思って4月から徒歩通しています。片道8.5㎞を11,200歩(歩幅76㎝)で87分~93分で歩いています。

というわけで毎日合計17㎞をかなり速い速度で徒歩で通勤するのに一日3時間かけています。船橋と幕張の間は谷津バラ園、谷津干潟~秋津公園~香住公園~幕張海浜緑地とつながっており、三分の二は公園の中を通り、一般道(主に宅地を選んで歩きますが)は三分の一だけです。

申し遅れましたが、このウェブサイトは二か国語で作ります。英語で記事を書いて、続けてその日本語バージョンをすぐに投稿することにします。米国(ニュージャージー)在住歴8年で、1975年卒業以来ずっと国際ビジネスに携わってきたため英語をしゃべる友人の数が多いからです。

毎日3時間かなり速いスピードで歩くことで、大変な「報い」がありました。どんな良い物を得たのか、その一方でどれほど不要なもの(体脂肪とか)を失ったかについてお話ししたいと思います。

満島ひかり、安藤美姫、と一応モロゾフ

安藤美姫 vs. モロゾフ vs. 満島ひかり

安藤美姫のニュースでシングルマザーとは何か、改めて話題になっています。ちょうどそんな時、満島ひかり主演の連ドラ”Woman”の第一回が放送されました。

満島演じる青柳小春は、不慮の事故で最愛の夫を亡くし、貧困に苦しんでいますが、命をかけて子どもたちを守り育て上げることを決意し、強くたくましく生きている力強い女性です。「母とは、誰かのために生きるとは、、、素直に感じたものを、私らしくやってゆこうと思います」と言う満島。

シングルマザーに対する偏見を打ち砕くきっかけになればいいですね。安藤美姫 vs. モロゾフ vs. 満島ひかり

安藤美姫のニュースでシングルマザーとは何か、改めて話題になっています。ちょうどそんな時、満島ひかり主演の連ドラ”Woman”の第一回が放送されました。

満島演じる青柳小春は、不慮の事故で最愛の夫を亡くし、貧困に苦しんでいますが、命をかけて子どもたちを守り育て上げることを決意し、強くたくましく生きている力強い女性です。「母とは、誰かのために生きるとは、、、素直に感じたものを、私らしくやってゆこうと思います」と言う満島。

シングルマザーに対する偏見を打ち砕くきっかけになればいいですね。