YouTubeで月収80万円のアカウントが突然停止処分

本業プロレスラー、副業YouTuberだった「シバター」が年収1000万円YouTuber(副業:プロレスラー?)になったのに、アカウントが2月11日の朝、BANされてしまったという悲痛な叫びの動画です。

アカウント停止処分をくらったのはメインのチャンネルであり、上記の動画はサブアカウントから出されているわけですが、この記事を書いている時点で、この動画へのアクセスが15万を超えており、ちゃっかりとAdsense広告も流れているのが、苦笑を誘います。

こんな叫びが書かれていました。

規約違反がひとつもない状態から今日の9:00頃、突然の停止処分となりました。 私はgoogleの担当がついていないため非常に困っております。 googleの社員様、googleの方の連絡先を知ってる方、jtshibata3­@yahoo.co.jp までご連絡頂ければ幸いです。

Google社員あてへの公開の訴えが功を奏したのかどうか分かりませんが、2月13日午前8時ごろシバターのTwitterにこんな記事が出た!

https://twitter.com/jtshibata3/status/566005218123341824

YouTubeで顛末が流れていました。まだアップロードされたばかりで、300アクセスしかありませんが、きっとこの動画もシバターの収益に貢献するようなアクセスが来るのではないでしょうか。

Google/YouTubeに睨まれたり、気まぐれとかちょっとした間違いでイジワルされると、「これで食っている」人々がシバターのような目に会ってしまいます。シバターは(もし今後停止処分の再処分が無い限り)今回の騒ぎで結局はアクセスがブーストされたということで結局は受益者になることでしょう。

それにしても絶対的支配者がいる世界というのは怖いですね。不正競争でなくても、不正競争以上に困った社会になってしまって・・・・

Googleから見放された動画自動投稿サイトがBingのお蔭で死なずにいる

以前にも話題にしましたが、Googleから見放されたサイトというより、2か月前に作成した時点でGoogleが質の低いサイトと判断して、殆どインデックスしてくれたことのないサイトのトラフィック状況をお見せします。忍者解析のリンク元ごとのアクセス数を示す画面をご覧ください。

Clipboard01

ヒット回数1502のうち、www.google.co.jpはたったの10です。Google比率0.7%という驚異的な状況です。こんなの、見たことない!

当社の平均的なサイトのGoogle比率は45%+程度で、Yahooと合わせると90%以上なのですが、このサイトは同じエンジンを共用するr.search.yahoo.comとsearch.yahoo.comを加えても2%しかありません。

もしこの世からGoogleが無くなったら、こんな風な感じになるのでしょうか? いえ、そうではありません。もしGoogleが消えてしまったら、このサイトのBing比率は35%ではなく、半分以上に行くでしょう。

No Referrer(直接URLを登録してくれているユーザー等)が35%もいるのは非常に名誉なことですが、要するに本来いるはずのGoogleからの訪問者がゼロに近いので、比率的に目立っているだけではないかと思います。

このサイトは、YouTube動画の自動投稿サイトで、YouTube APIで拾ったデータや短いテキストにスピンをかけて、数百文字のユニークテキストが生成されるようにした実験サイトです。数時間で作成し、一切手動投稿せずに、どこまで伸びるかを試験中のサイトです。

一日平均10記事(10動画)を自動投稿しており、公開済み記事数は600ですが、半年後(公開済み記事数が2000程度になる)にAdsenseが十分な額に達していれば、ソフトと手法をセットで発売したいと考えています。

Googleが全く相手にしてくれないのは、記事の自動生成を目の敵にするGoogleの方針によるものであり、記事ごとにユニークテキストが入っていても、類似パターンや類似構成により自動的に生成された記事だと判定したからと考えています。

昨年後半に、動画の自動投稿ブログで半年後にひと月35万円稼げるという内容の企画が大々的に宣伝され、私も内容が知りたくて無料セミナーに行ってきましたが、記事ごとのユニークテキストは無く、単にYouTubeを引っ張ってくるだけの自動投稿動画サイトで、Adsenseで収益を上げるというものでした。

数年前ならアクセスを取れたかも知れませんが、現在、ユニークテキストなしの自動投稿動画サイトを作っても、1日のアクセス数が二ケタにさえなるかどうか・・・。もちろんGoogleなしでガンガン検索に引っかかるような凄いキーワードを掘り当てたら話は別ですが。ちなみにその企画の販売価格は「半年後に35万円/月」の売り文句で予想された通り、ぴったりの298,000円(この数字以外にはありえないという感じ)でした。Adsenseで298,000円稼ぐのがどんなに大変か想像もできない人をターゲットにした企画なのでしょうね。

話を本題に戻しますが、上記のサイトの成否は「ある時点でGoogleが有用なサイトと判断してくれること」にかかっていると思います。すなわち、滞在時間が長く、直帰率が低いサイトであるというデータにより、自動生成という決定的デメリットにもかかわらず、表示してくれるかどうかがポイントです。

手動ペナルティでトレンドサイトを圏外に飛ばされた時の経験からすると、「90日ルール」で、当初ペナルティー判定が下された日から3か月後あたりに、ブロックを外してくれる可能性は無いかな?と密かに期待しているのですが・・・・。

それはそれとして、Window8~8.1の横暴で顔を見るのも嫌になったマイクロソフト嬢のお蔭で、Panda娘から嫌われても干上がらなかったわけでして、やはりマイクロソフトも必要だな、ありがとう、と申し添えたいです。

アフィリエイト用のYouTube動画を簡単に作成できるソフトウェアパッケージYouTubeマシンガン

Googleに続く世界第2位の検索エンジンは何かご存知ですか?

先日のAdWords認定資格試験セミナーで聞いたことですが、YouTubeだそうです。

アフィリエイター、ソフトウェア・デジタルコンテンツ販売業者である我々にとって、Google検索で上位に表示させるのはノウハウと手間のかかる作業ですが、YouTube検索で上位表示させるのは結構簡単です。

特にスモールキーワードの場合は、動画タイトルと概要説明記述を適切に行えば、それこそ動画投稿数時間後にトップ3以内に表示させることはエキスパートでなくても可能です。(現に、当サイトのアフィリエイト商品で最も売れているのは右サイドバーの下の方に広告のある「YouTube最適化の魔術師」です。)

更に、YouTube動画はGoogle検索でも表示されます。しかも多くの場合サムネイル画像付きで表示されるので、上位10以内に入っていなくても1ページ目なら結構目立ちクリックされやすいという利点があります。逆にウェブサイトの記事は(当然ながら)YouTube検索に表示されないので、YouTube動画がいかに優遇されているかが分かりますね。

つまり、アフィリエイト・ソフトウェア販売などで、コンバージョン率の高い紹介記事を書いてGoogle検索で上位表示させられるようSEOを工夫・努力することは当然ですが、並行してYouTube動画をアップロードすることがアクセスを集めるのに非常に効果的なわけです。

まだアフィリエイトなどの目的でYouTube動画を作成されたことの無い方も多いと思います。動画キャプチャーソフトを立ち上げ、デスクトップでソフトウェアを操作しながら自分の声を録音するのが最も簡単なはずですが、余程慣れた方でないとうまく行きません。

全く詰まることなくシナリオ通りにソフトウェアを動かし、音声解説するのは至難の業です。しかも、しゃべりの上手な人でないと、面白くない、見る気のしない動画になってしまうのです。

そこで、動画編集ソフトを使ったり、別途グラフィックを使った動画を作成して繋ぎあわせたり、バックグラウンド音楽をあれこれ工夫したりするわけですが、まともな動画を作るのに非常に時間がかかってしまいます。

やはり、ソフトウェア実行画面のキャプチャ画像を中心に使い、スライドを積み重ねて、スライド毎に音声を入れるという、MS Power Pointを中心に使うプレゼンテーション動画が、出来上がりのクォリティーも高く、私もPower Pointが中心です。しかし、Power Pointは自由度が高く、スライド編集も精細にできるだけに、どうしても細部に時間をかけてしまい、動画を完成させるのには長時間を消費してしまいます。また、Power Pointの最新版で一気に最終動画形式まで仕上げることも可能ですが、使いづらい点をカバーするため、動画編集ソフトなど幾つかのソフトウェアを併用することになり、そのソフトの習得が結構大変だったりします。

上記の動画で紹介されるYouTubeマシンガンは、アフィリエイト動画やソフトウェア解説動画を作る人のために開発された、簡単動画作成パッケージで、MS Power Pointのような自由度や幅広い能力はありませんが、シンプルなダッシュボードから動画作成に必要な下記の一連の作業がさっと実施できてしまいます。

  • 動画サイズの選択(1920 x 1080 ~ 480 x 320の範囲で選択)
  • スライドの作成
  • 背景色や背景画像の挿入
  • 文字入れ
  • 画像挿入
  • 画面の編集
  • 音声の録音、合成音声の設定、または音声ファイルの挿入
  • バックグラウンドサウンドトラックの挿入
  • 動画作成(MP4、AVI又はFLVからファイル形式を選択可能)

しかも、動画作成に必要な、画像とサウンドのパッケージまで付属するオールインワンパッケージとなっています。

このオールインワン動画作成ソフトウェアパッケージが完全無料で手に入るとというリンクはこちらです。 ダウンロードしたファイルの中でユーザーズガイドに、画像とサウンドのギガパッケージの宣伝が入っていますが、購入義務等は一切なく完全無料リスクフリーのオファーです。