カテゴリー別アーカイブ: おすすめ商材

「Amazon Kindleでロマンス小説を量産して儲ける手法」の実験を開始

ロマンス小説を量産して毎月6桁以上稼ぐ秘密の手法!?で投稿した、3月4日に発売された Kindle Romance Tycoon System という情報商材を実際に購入しました。

上記の記事を書いた時点での価格はUS$9.96だったのですが、数時間後に買う決心をして注文ボタンを押した時の価格はUS$10.34に値上がりしていました。さらに、今、この記事をかく前に上記リンクを押して表示された価格はUS$10.41で、毎日少しずつ値上がりしているようです。これは「早く買わないと値上がりするよ」といって顧客にアクションを促す手法で、アメリカの情報商材のローンチの際の常道になってきました。

注文ボタンを押してPaypalの支払いページに飛び、US$10.34の支払いをしようとすると、何と「もしこの場でFacebookグループに参加してくれたらUS$5を値引きするよ」という嬉しい言葉が表示されていました。Facebookグループに参加しても嫌ならいつでも登録削除可能ですから、当然参加ボタンを押しました。すると、支払額がUS$5.34に自動的に変わり、「トクしたぞ!」という気持ちで買い物を済ませました。

次に「アップグレードオファー」のページに飛ばされ、「US$27を追加で払ったら、すごいボーナスをあげるよ。すぐに自分の名前でKindleで出版できる小説もあなたのものになるよ。」という甘い言葉が書かれています。真面目に読んだら欲しくなり、カモにされるに決まっているので、ここは迷わず「No Thank You」のボタンを押します。

すると、購入商品の確認及びダウンロードリンクのページに飛ぶので、US$5.34で購入した商材のダウンロードページに行きました。

商品の本体はTraining Video x 4本(導入動画を含むと5本)と、音声だけ聞きたい人の為にmp3形式にしたファイル、及び,Videoの重要情報をまとめたPDFファイル x 2本です。Training Videoは分かりやすい英語ですが、俺は日本人なのに英語なんか聞けるか!という人は、PDFに重要情報のすべてが書かれているのでそれを読めば大丈夫です。

通常Amazon Kindleでの出版に関する情報商材には、何故Amazonがよいかとか、Kindleの登録方法とか、アップロードするファイルの作り方とか、分かっている人が読むとイライラするつまらない内容が半分以上を占めているものが多いのですが、この教材は(一応、そこらへんについて読みたければこの記事を読みなさいというリンクが示されていますが)、基本的なことができる人がさてどうすれば売れる本を作ってマーケティングするか、ということがたっぷりと書かれています。

Training videoを見ていると「こんな風にすればいいのか、すごいな」と開眼した気分になりましたが、基本部分に置いて、全く新規な手法や秘密が開示されているわけではありません。Kindleに関するアメリカの情報商材を10本買えば、どこかに書かれていることが大部分です。しかし、非常に実践的に書かれており、実例が示されているので、何をどうすればよいのかを学べます。

例えば、「小説は自分で書く必要は全くない。プロを雇って書かせなさい。」というのが、筆者の主義であり、ゴーストライターをどこでどのように雇うのか、(答えは勿論Elanceを使えということですが)、その募集要項に具体的にどんな記述をすれば、自分が欲しいジャンル・内容・筋書の小説をできるだけローコストで書かせることができるか、ということが実例を示して説明されます。

Amazon.comでromance novelsと検索するとロマンス小説が何万と出てきます。価格はUS$2.99(360円)が標準で、シリーズもの5冊で300円(1冊60円!)というものもあれば、1冊2000円するニッチなものもあります。そんな中で、どのようにAmazonの検索で上位表示させるかについて、実践的でかつ日本でも実行可能な様々なテクニックが披露されています。

特にレビュー数(小説にコメントしてもらう)を増やすための方法については、日本でも使える方法なので、即やってみたところです。

この商材の作者は、ロマンス小説の長編(日本で言うと6万字の中編小説から15万字の長い長編まで色々)を5作品で300ドル台、つまり1作品あたり7000円程度でゴーストライターを確保しています。

ゴーストライター契約には、全ての権利は注文者に属し、ゴーストライターは書いたときに契約の通りの額の支払いを受けるだけで、その後一切何の権利も無いことが明記されます。最近世間を騒がした佐村河内氏は(耳が聞こえないふりをして大衆を騙したのは言語道断ですが)きっちりとゴーストライター契約にサインさせることを怠ったために、多額のゴーストライター料を支払ったにもかかわらず、欲張りゴーストライターが「あれは自分が作りました」と名乗り出ると言う、前代未聞のスキャンダルになってしまいました。

遠野リサ(中谷美紀)と川原由紀(水川あさみ)のようなスキャンダルも、ゴーストライター契約をきっちり結んでいれば防止できたことです。

さっそくやってみよう、と、Elanceに小説5冊のジャンルと概要を示した募集広告を出してみました。Kindle Romance Tycoon Systemに書かれている通りにすすめば、私は2~3か月後には、英語の長編小説5冊の著者としてAmazon KDPで出版することになると思います。そのコストは、この教材の購入費を含めて5冊合計で5~6万円になるでしょう。

予想しておくべきだった予想外の障害:

この商材のPDFに書かれた募集要領のサンプルをそのままコピーした募集要領が(数は数えていませんが)過去48時間のうちに超大量にElanceに掲示されました。これは、一時的な需給バランスの悪化(ゴーストライター側には好転、需要過多)を招くわけで、ゴーストライター側のオファーの高騰の可能性があります。この教材の作者は、それを見込んだうえで、特定のゴーストライターと組んでいた可能性があります。

勿論、私は、ジャンルや内容を変えて、ストーリーの内容も一部示した募集要項にしたので、直接の影響は受けないと思いますが、実績のあるハイ・クォリティーのゴーストライターが、ここ数か月間売り切れになってしまい、中クラスの作家しか確保できない、という可能性はあります。

しかし、アメリカのゴーストライター市場は(ウェブコンテンツのゴーストライター市場と重なり)非常に大きいので、需給変化は短期間で収まるのではないかと思います。

私は日本人ですから、アメリカ向けに作家デビューした作品を日本語訳(及び日本向けにアレンジ)して、日本でも販売しようかなと思いますが、長編小説を1冊1万円で引き受けるアメリカ人の物書きの悲哀を感じてしまいます。10万字の小説を1万円で書くと言うことは、2000文字のブログ記事を1本あたり200円で書くのと同じなわけです。そんなのやってられない!

アフィリエイト用のYouTube動画を簡単に作成できるソフトウェアパッケージYouTubeマシンガン

Googleに続く世界第2位の検索エンジンは何かご存知ですか?

先日のAdWords認定資格試験セミナーで聞いたことですが、YouTubeだそうです。

アフィリエイター、ソフトウェア・デジタルコンテンツ販売業者である我々にとって、Google検索で上位に表示させるのはノウハウと手間のかかる作業ですが、YouTube検索で上位表示させるのは結構簡単です。

特にスモールキーワードの場合は、動画タイトルと概要説明記述を適切に行えば、それこそ動画投稿数時間後にトップ3以内に表示させることはエキスパートでなくても可能です。(現に、当サイトのアフィリエイト商品で最も売れているのは右サイドバーの下の方に広告のある「YouTube最適化の魔術師」です。)

更に、YouTube動画はGoogle検索でも表示されます。しかも多くの場合サムネイル画像付きで表示されるので、上位10以内に入っていなくても1ページ目なら結構目立ちクリックされやすいという利点があります。逆にウェブサイトの記事は(当然ながら)YouTube検索に表示されないので、YouTube動画がいかに優遇されているかが分かりますね。

つまり、アフィリエイト・ソフトウェア販売などで、コンバージョン率の高い紹介記事を書いてGoogle検索で上位表示させられるようSEOを工夫・努力することは当然ですが、並行してYouTube動画をアップロードすることがアクセスを集めるのに非常に効果的なわけです。

まだアフィリエイトなどの目的でYouTube動画を作成されたことの無い方も多いと思います。動画キャプチャーソフトを立ち上げ、デスクトップでソフトウェアを操作しながら自分の声を録音するのが最も簡単なはずですが、余程慣れた方でないとうまく行きません。

全く詰まることなくシナリオ通りにソフトウェアを動かし、音声解説するのは至難の業です。しかも、しゃべりの上手な人でないと、面白くない、見る気のしない動画になってしまうのです。

そこで、動画編集ソフトを使ったり、別途グラフィックを使った動画を作成して繋ぎあわせたり、バックグラウンド音楽をあれこれ工夫したりするわけですが、まともな動画を作るのに非常に時間がかかってしまいます。

やはり、ソフトウェア実行画面のキャプチャ画像を中心に使い、スライドを積み重ねて、スライド毎に音声を入れるという、MS Power Pointを中心に使うプレゼンテーション動画が、出来上がりのクォリティーも高く、私もPower Pointが中心です。しかし、Power Pointは自由度が高く、スライド編集も精細にできるだけに、どうしても細部に時間をかけてしまい、動画を完成させるのには長時間を消費してしまいます。また、Power Pointの最新版で一気に最終動画形式まで仕上げることも可能ですが、使いづらい点をカバーするため、動画編集ソフトなど幾つかのソフトウェアを併用することになり、そのソフトの習得が結構大変だったりします。

上記の動画で紹介されるYouTubeマシンガンは、アフィリエイト動画やソフトウェア解説動画を作る人のために開発された、簡単動画作成パッケージで、MS Power Pointのような自由度や幅広い能力はありませんが、シンプルなダッシュボードから動画作成に必要な下記の一連の作業がさっと実施できてしまいます。

  • 動画サイズの選択(1920 x 1080 ~ 480 x 320の範囲で選択)
  • スライドの作成
  • 背景色や背景画像の挿入
  • 文字入れ
  • 画像挿入
  • 画面の編集
  • 音声の録音、合成音声の設定、または音声ファイルの挿入
  • バックグラウンドサウンドトラックの挿入
  • 動画作成(MP4、AVI又はFLVからファイル形式を選択可能)

しかも、動画作成に必要な、画像とサウンドのパッケージまで付属するオールインワンパッケージとなっています。

このオールインワン動画作成ソフトウェアパッケージが完全無料で手に入るとというリンクはこちらです。 ダウンロードしたファイルの中でユーザーズガイドに、画像とサウンドのギガパッケージの宣伝が入っていますが、購入義務等は一切なく完全無料リスクフリーのオファーです。

信じられないほど凄い自動ウェブサイト作成ソフトが発売されました

すごい統合ソフトが出ました。P1 Video Magnet Software Suiteという商品です。 アメリカで発売される新製品情報は毎日のように届き、有名なクリエーターがプロダクトローンチする時には、同じ商品に関する情報について、それこそ何10通ものメールが(色々なアフィリエイターから)届くのですが、今朝も、その現象が起きました。 クリエイターはPeter Garetyという、多くの実績があり名のあるクリエイターで、今回の案件では40人のチームを動かしている人物とのこと。 どうせ、アメリカで次々と発売される、種々雑多なソフトのひとつだろう、と思いながら、あまり期待せずにセールスレター(動画主体)を見ていきましたが、ぐいぐい引き込まれ、圧倒されてしまいました。 要するにこのソフトは以下のソフトの集合体(Suite)です。

  • 1-CLICK Keyword Importer
  • Relevancy group builder
  • 1-CLICK Website structure builder
  • Automatic DUPLICATE control

Keyword機能が秀逸で、キーワードを一語インプットすると、複合キーワード、グループキーワードが瞬時に出る、サジェスト機能と、そこでサジェストされたキーワード群からユーザーが自分で選択したキーワード群を盛り込んだ記事を自動生成し、ウェブサイトを作ってくれるという統合ソフトです。 P1 Video Magnetという商品名が示す通り、特にYoutube動画をキュレーとした記事の自動生成が得意で、見栄えの良い記事と、その結果として、見栄えの良いウェブサイトが作成される、というのが、ウリです。

さらに、スピニング(記事の自動書き換え)機能が充実しており、記事のタイトルもYoutubeの投稿に使われているタイトルを自動的に言葉を変えて新しい名前の記事にしてくれるので、Google受けが非常に良くなります。Youtubeから記事を自動生成するソフトは数多くありますが、タイトルのスピニングをやってくれるソフトは他には知りません。

さらにさらに、Copyscape(Googleから見たオリジナルコンテンツ比率を評価する機能)を内包しており、例えばスピニングしているにも関わらずオリジナルコンテンツ比率がXX%以下(25%とか50%とか段階的に選択できる)の場合は、その記事を削除するか、マニュアル修正にかける設定ができます。

自動投稿サイトがGoogleからペナルティを受けないように作れれば、それは凄いことです。 自動投稿は即公開するか、一旦WordPressの下書き投稿に落とすかを選べるのもこのソフトのメリットです。

P1 Video Magnet Software Suiteには使用可能なサイト数によって3つのグレードがあります。

価格はいずれもこの記事を投稿する時点での発売特価であり、徐々に引き上げられますが、値上げ時期が明日なのか、3日後なのか、一週間後なのかは、例によって誰にも分かりません。

上述の機能について実際のデモ動画が2つありますので、英語が気にならない方はご覧ください。

どのバージョンを選ぶか迷う所ですが、25サイトもあれば十分と思いますから、真ん中のGrowth Editionを価格が$39.95から上がらないうちに購入するつもりです。

日本語がどこまで使えるかは使ってみるまで分かりませんが、これほどのソフトなら、英文を書かなくても、ニッチキーワードごとに英語のサイトを25個作成することができるので、最悪の場合それでもいいかと思っています。

 

Video Alchemy (ビデオ・アルケミー、動画錬金術)という凄い動画作成ソフトが発売された

Video Alchemy という凄い動画作成ソフトが発売されました。ビデオ・アルケミー、直訳すると「動画錬金術」という意味になります。 Video Alchemy(動画錬金術)の何が凄いかというと、キーワード検索、スピン(書き換え)、翻訳、読み上げ、YouTube動画の自動作成までの機能が全て盛り込まれており、翻訳・読み上げには日本語も選択可能であるということです。こんな動画作成ソフトは日本にはあと2,3年は出てこないでしょう。 Video Alchemy(動画錬金術)の使用方法は以下の通りです。

Step 1 – まずテンプレートを選択する – Video Alchemy(動画錬金術)には動画作成のための豊富なテンプレートが付属しています

 Step 2 – キーワードを入力する

Step 3 – 入力したキーワードに関する記事がVideo Alchemy(動画錬金術)によってズラリとリストアップされるので、その中から好きな記事を選択し、「スピン」ボタンを押すと、オリジナル記事と検索エンジンがみなす記事が作成される。もし同じ記事で動画を3本作成したければ「スピン」を3回までかけられる。

Step 4 – バックグラウンド音楽BGMを選択する – Video Alchemy(動画錬金術)に付属しています

Step 5 – 動画の中に挿入する写真画像を挿入する

Step 6 – 100以上の言語の中から、動画を何語で作成するかを選択し、また文章を読み上げる声を選択する(英語の場合はデーブとかケイトなど)。Video Alchemy(動画錬金術)の素晴らしい点は日本語が選択肢に含まれているということです!!(これがポイントです)

Step 7 – 「エンコード」ボタンを押す。すると、Step6で日本語を選択した場合は、Step3で選択した文章が、そのまま日本語の動画として出来上がります。

 具体的にVideo Alchemy(動画錬金術)を使ってどのような動画が出来上がるかは、ここをクリックして、説明ビデオをご覧ください。

Video Alchemy(動画錬金術)とは、日本には無い驚くべき動画作成ソフトですね。でもアメリカで発売されるソフトの多くは、日本語・中国語などの2バイト文字を全く受け付けないので、「これはスゴイ!」と狂喜して買ったものの全く使えなかった、というものが幾つもありました。このVideo Alchemyは英語から日本語への翻訳機能まで付いており、日本語の動画が作成できる、という点が「最も凄い」点です。

勿論、自動翻訳ですから、(Google翻訳を試したことがありますか?)不自然な日本語になるでしょうが、動画に含める語数はたかが知れていますから、出来上がった日本語をじっくりと添削すればよいですね。

Video Alchemy(動画錬金術)があれば、あなたの会社をポルトガル語、スペイン語や中国で宣伝する動画を作成してYouTubeにアップロードすることも簡単です!!

この記事を書いている時点でのVideo Alchemy(動画錬金術)のフルバージョンの価格は発売時特価としてUS$37(4000円程度)ですが、最近のアメリカの新製品発売の常套手段として、徐々に価格を上げていき、最終的には6~7千円になるのではないかと予想します。ちなみに、このフルバージョンがUS$37という価格は日本時間で10月12日の午後9時までです。この動画作成ソフト、Video Alchemy(動画錬金術)ライトバージョンはUS$27と機能の割には超低価格ですが、付属テンプレート数が少ないとか、1日10ビデオ以内とか制限事項があります。

Video Alchemy(動画錬金術)の販売ページの書き方は少しセンセーショナルです。

「キーワードをインプットするだけで、2分後には素晴らしいハイクォリティー、パワフルで収益を引き寄せる、アニメートされた話す動画を、努力なしで、コンテント作成の必要もなく、あなたが選択する言語で作成することができる」

動画の中に直接ボタンを表示しクリックしてオプトイン・セールス・アフィリエイトできる画期的プラットフォーム

binro120私はニューヨークで8年間働いていたため語学的な壁が無いので、アメリカ情報は意欲的に収集しています。

メルマガも毎日何通か届くのですが、一昨日あるFacebook friendから非常にショッキングな情報が届きました。

 

– quote –

2014/2/15

掲題: 当初、この情報が本当とは信じられませんでした

先ほど入手したばかりのホットニュースについてお知らせします。

ある新奇なマーケティングプラットフォームについての動画デモを見たところです。このプラットフォームの開発には一年かかったそうです。

ご存知の通り私自身は多くの新企画や新プロジェクトに参画し成功を収めてきたつもりですが、今回の「新規プラットフォーム」には本当に驚きました。というよりはショックを受けたという方が正確かもしれません。

真にユニークなプラットフォームであり、動画を活用したオンラインマーケティングの最大の問題点を解決してくれるものです。これは誇張した言い方ではありません。これは本物の新企画であり、すでに複数の大手企業が採用する見込みとなっています。

正直なところ、同様の製品やサービスがオファーされているのを見たことが無く、同じような機能を「見せ方を変えて」あたかも全く新しいものであるかのように欺いているものでは決してないと断言できます。これはまさにGAME CHANGER(戦い方を土台から変えてしまうもの)です。

動画を新たにアップロードしたり、YouTubeにアップロードした動画のリンクを、このVideo Marketing Systemに入力します。すると、動画の中に直接様々なCTA(call to action、行動を促す言葉)が表示され、クリックしたり入力したりできるようになるのです。どんなCTAの表示・直接クリックが可能になるかの例を挙げると:

  • オプトイン(リスト収集)
  • ウェビナー開催通知と参加登録
  • 製品販売の「今すぐ買う」ボタンと決済画面の表示、入力
  • アフィリエイトリンクの入ったバナーを表示し直接クリックするとセールスページに飛ぶ

全て動画の中に表示し、動画の中の表示をクリックできるわけです。視聴者は動画の下の説明欄に記載されているURLをクリックして別のサイトに飛ぶ必要もなく、全てが動画の中で完結します。

ちょっと想像してみてください。動画そのものをランディングページにして、OTO(その場限りのワンタイムオファー)も動画中で完結させることさえできるのですよ。

先ほどGAME CHANGERと書きましたが、この新システムにより、インターネットマーケティングにおける動画の活用方法に劇的な進化がもたらされることは間違いないと思います。

従来型の販売サイト・アフィリエイトサイトが時代遅れになる可能性を秘めたプラットフォームであると考えます。

この新システムにより動画をランディングページとして活用する場合のデモビデオがあるので見られると良いと思います。

それでは、ご成功をお祈りします。

– unquote –

上述のデモビデオは7分46秒ですが本題のデモは2分から始まります。英語が苦手の方も画面である程度お分かりいただけると思います。これは、商品の紹介~販売~受注~決済を動画一本にまとめる場合のデモ動画です。他のサイトに飛ばずに決済入力まで動画の中で完了してしまいます。

複数のアクションを次々に処理できるまで使いこなすのは簡単でないと思いますが、アフィリエイトに使用するなら簡単です。商品紹介、使用体験などを網羅した動画を作成し、その中に「ご興味のある方はここをクリック」というバナー・ボタンを表示させて、そこにアフィリリンクを埋め込んでおけばよいわけです。ブログや静的なランディングページは極論すると不要になり、一本の動画がアフィリの全てという状況が生まれます。

簡単な操作で動画の中(フッターバー)にFacebookのいいね!ボタンなどのソーシャルネットワークアイコンも表示させられますので、動画を見た人がTwitterやFacebookのボタンを押してくれるだけでVIRALに拡散することになります。

従来はYouTubeの動画がメルマガやTwitterで流れてきても、YouTubeのサイトで動画を見て、「概略ボタン」が押されて説明欄が見える状態で初めてURLリンクが見え、それをクリックすると販売サイトに飛んで全てが改めて始まるというプロセスでした。今回の新プラットフォームだと、動画が販売サイト全体そのものと同等の位置づけとなり、それが拡散することになるので、コンバージョンが一桁違ってもおかしくないかも知れません。

このデモ動画の最後の部分には、ちゃっかりとBuy Nowのボタンが表示され、それを押すと決済サイトに飛びます。US$37/月(4千円弱)ですから、まずはひと月試してみて、価値があれば延長するのが賢明です。決済はクレジットカードですがsecured pageからPaypalのシステムでクレジットカードを入力する形なので安全です。

なお、正式発売日は2月22日であり、この情報は発売前の限定開示情報ですので、日本の他のサイトにはまだ流れていないと思います。

動画の中のアフィリエイトリンクをクリックさせることができれば・・・・

binro120YouTubeはアップロードする側の平均的なSEO意識が低いので、概要欄を上手に書けば、YouTube検索で簡単に上位ランクさせることができることはご存知ですよね?

GoogleはYouTubeをSEO上非常に優遇しており、このテクニックはGoogle検索でのランクアップにも効果的です。

この点を突いたソフトウェアツールとして「YouTube最適化の魔術師」があります。

しかし、これはあくまでYouTube動画をクリックさせること止まりです。YouTube動画を見た人が「この動画の下のリンクをクリック」という言葉通りに、概要欄の上部に記載したURLをクリックしてくれるかというと、そのコンバージョン率は(よほど興味のある内容でない限り)低いのが現実と思います。

YouTube動画の中にアフィリリンクを入れることは残念ながら不可能です。(チャンネルから連携サイトに飛ばすことはできるようになってきたようです。)

YouTubeそのものをクリックしてオプトインページ、セールスページに飛ばしたり、あるいは直接決済ページに飛ばすことができたら、どんなに素晴らしいでしょうか!インターネットマーケティング業界の全体的手法やSEOの優先度がガラリと変わってきますね。

例えば、「XX翼の新企画」なんかの「無料特典付きオプトイン報酬1件500円」などが開始された場合、ちょこちょこっとパワーポイントか何かで動画を作ってYouTubeにアップロードしておけば、題名と概要の書き方次第では(YouTube最適化の魔術師を使って)結構なアクセスを集められそうです。

通常のアフィリエイトについては下手なセールスページを作るよりは、使用方法つきの動画を見せて最後の画面に「興味のある方はこちらをご覧ください」の絵をクリックしてもらい、直接インフォトップに飛ばす方がコンバージョンが上がりそうです。

今朝、アメリカから届いたメルマガで、まさにそのような新サービスの紹介がありました!!!

これはすごい、と夢中になりかけましたが、動画を見ると、やはりYouTubeそのものではなく、専用の動画サイトでサービスを提供するものでした。これだと、YouTubeの検索上の優位性の恩恵に浴すことができません。

しかし、YouTubeでなくても、動画自体の中に直接自由にリンクを置けるということは非常に魅力的な機能です。特にTwitterならそのような直接クリックしてマネタイズ可能な動画の価値は非常に大きいと思います。

ひと月37ドルですから年間5万円弱。数日間悩んでみて、購入を決心した場合にはこのブログで詳しくご紹介します。

乞うご期待!

先に自由に飛ばせる